一定期間更新がないため広告を表示しています





こんにちは、フクタツです。

日清食品では、どん兵衛ブランドで、特色のあるカップ麺を販売しています。

今回、どん兵衛『ピリッと辛口 担担うどん』を食べてみたので、レポートします!



■中華と和風の良さを上手く調和

こちらの商品は、中華料理でおなじみの担担麺とどん兵衛の和風つゆを一緒にした、珍しい商品。
私の感覚では、今では和風料理として定着した、カレーうどんのような感じです。
担担麺のピリ辛なごま風味と和風のかつおだしが上手く調和した、カップ麺です。







■モチモチしたうどん

具材は、担担麺の具材で、肉ミンチ、チンゲン菜、輪切り唐辛子、ネギが入ってます。
スープは嬉しい、液体スープ。
お湯に良く溶け込みます。



麺は、モチモチしたうどんで、食べ応えありです。


(写真 液体スープがお湯に良く溶け込みます)


(写真 モチモチ感のあるうどんが特徴)

中華と和風の調和がとれていて、モチモチしたうどんの日清食品のどん兵衛の『ピリッと辛口 担担うどん』。
是非一度、ご賞味下さい!!




↓↓↓クリックしていただけると、ブログへの励みとなります。 よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村




こんにちは、フクタツです。

2016年3月7日付の記事で『 インドミー 激辛 ミーゴレン 辛口バリ風焼きそば を食べてみた』をレポートしましたが、今回は、その続編です!

インドミーのソトミーフレバーです。



買ったのは、今回も越谷『イオンレイクタウン』にある『KALDI COFFEE FARM』です。


(写真 レイクタウンの『KALDI COFFEE FARM』)





■東南アジア風味が強いソトミーフレバー

まずは、袋の中身に入っているものは、こんな感じです。



麺の細さは、真ん中の太さで縮れ麺です。
熱湯に茹でて3分。
お皿に入れて、調味料をかき混ぜたら、こんな感じです。
スープはありません。
インドネシア風の焼きそばといった感じでしょうか。





レモンの風味が強く、味は普通トムヤンクンに似ていると感じました。
ピリッとくる辛さがあります。

東南アジア風の料理と辛さがお好きな方には、ぜひおススメしたい一品です。



↓↓↓クリックしていただけると、ブログへの励みとなります。 よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村




こんにちは、フクタツです。
明星食品と言えば、『一平ちゃん』などのラーメン系を思い浮かべると思います。

今回は、明星食品のカップ麺で、ラーメン系ではなく、おソバの評判屋『鶏南蛮そば』を食べてみたので、レポートします。





■明星食品のお蕎麦系カップ麺の実力

具材は、鶏団子とネギがベースです。
スープは、粉状です。



(写真 具材と粉状スープを入れたら、こんな感じです。)

熱湯を入れてから、待つこと10分!
出来上がりは、こんな感じです。


鰹(カツオ)だしのスープの香りが美味しそうです。

そして、肝心の麺は、こんな感じです。


麺は細めで、カップ麺ながら、コシはしっかりしています。
これは良いですね!

また、スープのお味は、香りに負けない鰹(カツオ)のだしが効いていて、ご飯にかけて食べたくなるくらい、良い味付けです。

さらに、具材の鶏団子。
ふんわりとした食感に味は、鶏肉の旨味が凝縮されていて、文句無し!

正直、明星食品は、ラーメン系『一平ちゃん』のイメージが大きかったので、日本ソバのカップ麺でのこの美味さ、実力に脱帽です。

ぜひ、明星食品の評判屋『鶏南蛮そば』を見かけましたら、ご賞味下さい!!




↓↓↓クリックしていただけると、ブログへの励みとなります。 よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*




こんにちは、フクタツです。

今回も引き続き、大阪出張でのグルメレポートです。
前回までの大阪レポートは、以下のものをご参照下さい。

(※)南海電鉄 新今宮駅内の立ち食いそば 『南海そば』で『梅おぼろ昆布うどん』を食べてみた
(※)大阪 『金龍ラーメン』でラーメンを食べてみた

大阪といえば、たこ焼きですよね!
今回は、たこ焼きの本場、大阪で人気を誇る名店、『大たこ』についてレポートします。

ここは、道頓堀にどかんと構える名店です。

■たこ焼き一筋、伝統の味!

『大たこ』は、たこ焼き一筋のメニューです。

(メニュー)
6個 380円
10個 630円
20個 1,260円

大変リーズナブルですよね。

店も活気があり、常にたこ焼きを焼いてますので、熱々のたこ焼きが楽しめます。
(本当に熱いので、注意して下さいね!)

また、店の奥にテーブルがありますので、座ってゆっくりとたこ焼きを堪能出来ます。


(写真 『大たこ』の外観)


(写真 常に板さんがたこ焼きを焼いてます。奥にテーブルがあります。)

私は、たこ焼き10個をオーダー。
奥のテーブルで熱々のたこ焼きを楽しみましたよ!

どうです?
美味しそうでしょ?
降りかかったかつお節が見事に踊っています。

そして、伝統のソースの味が、大変デリシャス!
濃厚なお味で、これなら、何個でも食べられます。
さすが、大阪の名店!



(写真 踊る様を伝えられなくて、残念)





■でっかいぶつ切りのタコ

そして何と言っても、『大たこ』の売りは、このでっかいぶつ切りのたこです。
たこ焼き全体でタコの比率は、かなりのものです。





たこ焼き自体を刺しても、大き過ぎて、衣が落ちてしまいます。
タコのお味は…もちろん、美味しいですよ!!

大阪道頓堀に来られましたら、ぜひ、『大たこ』のたこ焼きをご賞味下さいね!!

↓↓↓クリックしていただけると、ブログへの励みとなります。 よろしくお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*




こんにちは、フクタツです。

昨日の記事で、大阪出張した際のグルメレポート(※)を書きましたが、今回は、ラーメンがテーマです。
(※)南海電鉄 新今宮駅内の立ち食いそば 『南海そば』で『梅おぼろ昆布うどん』を食べてみた

大阪のラーメンといえば、『金龍ラーメン』ですよね!
今回の大阪出張で食べてみたので、レポートします。


■行列の訳は?

『金龍ラーメン』は、道頓堀近辺で3店舗あります。
どの店舗も大変な混み合いです。

ちなみに道頓堀近くの『金龍ラーメン』本店は、こんな感じ。
木曜日の夜10時頃なのに、活気ありますね!
熱いです、大阪!!


(写真 『金龍ラーメン』本店)

何でこんなに混んでいるのかなと思ったら、もう、お気づきの方がいるかと思いますが、9割以上が外国から来られた方達です。

恐らくは、大阪のラーメン屋として知名度がある『金龍ラーメン』なので、行列してでも、こちらのラーメンを食べに来てくれたのでしょう。

日本にいっぱいお金を落として頂いて、感謝です!


(写真 『くいだおれ』の目の前)

私も、知名度のある『金龍ラーメン』を一度食べてみたいという思いがありまして、立ち寄ってみたものの、夜の10時に行列でしたので、諦めて帰ろうとしたところ…

『金龍ラーメン』御堂筋店がソコソコ行列人数が少なかったので、そんなに待つこともなく、食べることが出来ました。

場所は、地下鉄御堂筋線なんば駅を出る階段付近(14号出入口)です。

こちらは、完全立ち食いです。

(写真 『金龍ラーメン』御堂筋店)

■メニューは『ラーメン』と『チャーシューメン』

こちらのお店のメニューは、2種類。
ラーメン』と『チャーシューメン』です。
値段は、『ラーメン』が600円とリーズナブル、『チャーシューメン』が少し高めの900円です。


私が選んだのは、リーズナブルな『ラーメン』です。





■『金龍ラーメン』のお味は?

結論を先に言いますと、美味しくなかったです。
見た目と麺の細さは、大変良いです。
さらに、セルフでいれられるトッピング類(キムチ、ニラ、刻みニンニク)は、なかなか気が利いていて、良いです。
もちろん、無料です。





ですが、実際に食べてみると、麺はパサパサで、豚骨スープの味は薄く、お世辞にも美味しいとは言えません。

目の前が調理場なのですが、どんぶりにスープを入れるが雑で溢れまくっている様子から、丹精込めて作っていません。
ラーメンを作るのが雑ですね。
なので、スープが薄く麺がパサパサなんでしょう。
知名度があるだけにもったいない。

↓↓↓クリックしていただけると、ブログへの励みとなります。 よろしくお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*




こんにちは、フクタツです。
先日、大阪方面に出張に行きました。

関東はそばが好まれますが、関西ではうどんが好まれるなど、色々と異なる特色がありますよね。

そして、よく言われるのが、うどんとそばの“めんつゆ”です。

関東のうどんとそばのつゆは、醤油などの調味料が味の決め手ですが、関西のつゆは、醤油を風味程度の補助的な役割程度です。
なので、関東人の私は、関西のめんつゆを薄味に感じます。

前書きがながくなりましたが、今回は、南海電鉄の新今宮駅内で立ち食いそば屋『南海そば』で『梅おぼろ昆布うどん』(350円)を食べて来ましたので、レポートします。
場所は、新今宮駅内の南海電鉄とJR乗り換え通路間にあります。


(写真 今回食べた、『梅おぼろ昆布うどん』です)


(写真 新今宮駅内の『南海そば』)

■関西風味のめんつゆに満足

まずは、つゆを一口。
つゆの色は薄く、塩味も薄いが醤油の風味が効いていて、かつお節の出汁がまさに関西風味です。



そこに北海道産の昆布と紀州特産の梅が入っており、混ぜてみるとこんぶ茶的で飽きないお味。
(私は、最後の一滴まで、飲み干しましたよ)


(写真 北海道産の昆布)


(写真 紀州特産の梅)

■うどんも特徴的

うどんも特徴的です。
うどんは長くなく、パサパサ感がありますが、しっかりとしたコシがあって、その食感がさらに食欲をそそります。
良いです!!


(写真 うどんが長くなく、パサパサ感があって、上手くうどんをすくえません。)

『南海そば』は、南海電鉄沿線に何店舗か出店してますので、お立ち寄りの際には、こちらのうどんをお召し上がり下さい。


↓↓↓クリックしていただけると、ブログへの励みとなります。 よろしくお願いします!


にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:お花見&桜




こんにちは、フクタツです。
いや〜、桜の季節になりましたね。
皆さんの桜の名所はどこですか?

今回は、私の桜の名所をご紹介します。

場所は、千葉県流山市の『流山水辺公園』です。
利根運河沿いにあります。



場所は、東武野田線(アーバンパークライン)の運河駅から、流山街道を野田に向かってすぐです。
車で来られる場合は、停める場所に苦労します。
警察も取り締まっています。
なるべく、電車で来るのをお勧めします。

■桜並木に鮮やかに桜が満開!

橋を渡ると利根運河の両沿いに桜が満開です。



(利根運河の堤防沿いに綺麗な桜が満開です。)

みんな、運河沿いの土手にシートを張って、花見を楽しんでいます。



夜は、桜がライトアップされてます。
ライトアップされた夜桜は、昼と違った綺麗さがあります。
夜もお勧めです。



(花見する前に)
バーベキュー基本禁止の看板が出てます。
バーベキューを計画する場合は、事前に確認して下さい。

↓↓↓クリックしていただけると、ブログへの励みとなります。 よろしくお願いします!

JUGEMテーマ:東京のアレ




こんにちは、フクタツです。
東京は、日本有数の観光地ですが、意外に地元の方は、都内観光をしないものです。
私もそんな地元人ですが、先日、会社行事で、東京湾のクルージング企画があり参加しました。

何回かこのクルージングを利用したことはあるのですが、正直、「なんでわざわざ東京湾でクルージングしなくちゃいけないのだ!」と思いながら参加したのですが、これが実に楽しいひと時を過ごせましたので、レポートします。

竹橋発の東京湾クルージング 『ヴァンテアンクルーズ』です。

■東京湾から見た東京の夜

利用したのは、19:20から21:20のディナータイムクルーズです。

料理は、 『ヴァンテアンクルーズ』のホームページをご参照ください。
料理は高級で量は少なめですが、味は絶品!

何回かこのクルージングを利用したことがあるので、期待は全くしていなかったのですが、実際に東京の綺麗な夜景を目の前にすると、そんな気持ちが一掃されて、感動します。


(写真 お台場のフジテレビ)

こんな美しい景色にムードある船内レストランは、デートにもってこいです!




(写真 レインボーブリッジ)

夜の海に浮かぶレインボーブリッジは、幻想的です。


(写真 東京湾の満月)
かすかに見える丸い光は、満月です。
実際には、もっと大きく綺麗にお月さんが輝いていましたよ。


(写真 海面に映る夜景と東京タワー)

この光景は、なかなか写真では再現出来ませんが、ひときわ輝く東京タワーと海面に映る夜景がとても綺麗で、これまた幻想的。

東京の夜景は、華やかに輝いています。
ぜひ、一度は、東京湾のクルージングを楽しんでみませんか?

(私のオススメは、夜です!)




↓↓↓クリックしていただけると、ブログへの励みとなります。 よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:今日の*おいしい*






こんにちは、フクタツです。
皆さんは、刀削麺(とうしょうめん)をご存知ですか?

小麦のかたまりを刀のような包丁で削って麺にします。

今回は、この刀削麺が食べる 『XI’AN 飯田橋店(シーアン 西安料理 刀削麺)』に行ってきましたので、レポートします。







(写真 『XI’AN 飯田橋店(シーアン 西安料理 刀削麺)』)

大抵は、写真にあるように客が並んでいますが、回転が早くそんなに待ちません。



このように外から調理場が見る事が出来るので、並んでいても飽きません。

■独特な作り方と麺のコシ

まずは、麺の作り方。
小麦のかたまりを片手に、刀のような包丁で削り、麺を作ってます。



■選んだのは『麻辣麺』(まーらーめん)



外で待つこと10分。

店内に入り、『麻辣麺』(マーラーメン)を注文。
こちらのお店の人気メニューです。


(写真 麻辣麺(マーラーメン))

辛子と味のある辣油に中国山椒が振りかけられていて、美味しいです。
見た目、激辛に見えるのですが、激辛ではないです。
味のあるひき肉。
このスープに『刀削麺』が染み込んで、本当に美味しいです。
麺は、太麺ですが、大変コシがあって、『麻辣麺』のスープに本当に合うんですよね!!





そして、パクチー。
苦手な方が多いですが、私も苦手でした。
けれど、こちらのお店で食べるようになってからは、パクチーがない『麻辣麺』は、ネギのない十割蕎麦と同じ感覚で、大好きになりました。

刀削麺 が食べれる『XI’AN (シーアン 西安料理 刀削麺)』は、都内近郊に数店舗構えるチェーン店です。

お近くに来られることがあれば、ぜひ、ご賞味ください。

↓↓↓クリックしていただけると、ブログへの励みとなります。 よろしくお願いします!

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村







こんにちは、フクタツです。
駄菓子 菓道シリーズ、今回は、『蒲焼さん太郎』です。

(過去の菓道シリーズ)
2016年2月2日 「駄菓子 菓道の『玉葱さん太郎』を食べてみた」
2016年3月16日 「駄菓子 菓道の『キャベツ太郎』を食べてみた」

■駄菓子では、定番中の定番

皆さんは、コンビニやスーパーの駄菓子コーナーで、この派手な赤いパッケージをご覧になったことが、あるのではないでしょうか。


『玉葱さん太郎』や『キャベツ太郎』の強烈なキャラクターがないのが、少し寂しいですね(笑)

味付けは、うなぎの蒲焼と同じですよね。
ですが、といいますか、やはり『蒲焼さん太郎』にも『キャベツ太郎』と同じく、それを連想させる食材(うなぎ)は、入っていません!


さすが、菓道シリーズ。
こんなお茶目なところが大好きです。





■『蒲焼さん太郎』、そのお味

袋を破くと、出てきました!
食感は硬く、香りは感じないですね。



一口食べてみると…
うん、やっぱり硬い!!

この食感と濃い味付けは、美味しいです。
ご飯のおかずにしても良いかな?



大人になっても美味しく思う、『蒲焼さん太郎』。
そして、お茶目な『菓道』シリーズ。

引き続き、追いかけるつもりです。



↓↓↓クリックしていただけると、ブログへの励みとなります。 よろしくお願いします!
にほんブログ村 スイーツブログ 駄菓子・駄菓子屋へ
にほんブログ村