一定期間更新がないため広告を表示しています

JUGEMテーマ:入浴剤
こんにちは、フクタツです。

寒くなりましたね〜。
身体の芯まで冷えた夜は、やっぱり、あったかいお風呂ですよね〜。

…ということで、今回は入浴剤についてレポートします!


アース製薬の入浴剤

アース製薬の入浴剤といえば、『露天湯』などの湯めぐりシリーズが定番ですよね。

そんなアース製薬が錠剤タイプの入浴剤を新発売!
それが『温泡 炭酸湯』です。

錠剤タイプの入浴剤といえば、花王の『バブ』の独壇場でした。

果たして、どんな入浴剤なのか?
早速、買ってみました。

■花王の『バブ』を意識?

最初、『温泡 炭酸湯』を見たとき、『バブ』の新商品かと思っちゃいました。





箱の大きさは、『バブ』と同じです。
20錠入りで値段も同じでした。

ただ、箱はこちらの方がキンキラキンで豪華な感じです。



■4種類の柚子の香りが楽しめる


入浴剤の楽しみの一つは、香りではないでしょうか?
それに冬のお風呂といえば、柚子風呂が一番!
『温泡 炭酸湯』には、柚子と生姜の香りの2種類が販売されていて、悩んだ挙句、柚子の香りを選びました。
何と柚子の香りが、4種類あるんです!
(ちなみに生姜の香りにも4種類あります)


(写真 4種類で楽しみ4倍)

■驚きの発泡力

炭酸湯だけに、発泡力は凄いですよ〜。



この白いのは、泡です。
錠剤から、泡が出ているのが分かりますか?
この発泡力が『温泡 炭酸湯』の特筆すべき点です。

(発泡の力で…)
身体の芯まで温まります。
その持続力もかなりのものです。
さらに、発泡力の効果で、柚子の香りがしっかり感じられます。

■年末年始は…

寒〜い年末年始は、この『温泡 炭酸湯』で、自宅にいながら温泉気分を味わいませんか!

満足度(5点中 4点)
コメント
コメントする